英語の保育・幼児教育のインターナショナル・プリスクール ハーバードキッズ・アカデミー

2歳になったらHK(エイチケイ)インターナショナルへ !

Principal’s message(校長メッセージ)

Our Early-education Philosophy and Goals

「私たちの早期教育方針と目標」

Childhood should be a time to make warm and loving memories which will serve as the foundation for happy and productive adult lives. It is our policy to provide each child at HK International with days filled with laughter and rich experiences, and chances to build wonderful relationships with others, knowing that these things combine to make a rewarding childhood.

As we know that children have the innate capacity to learn more than one language from birth, we provide English language instruction using immersion in English during each school day. Simply put, we do everything in English. Our program was originally designed for Japanese children, but speakers of other languages (i.e., Cantonese and Korean) as well as native English-speaking children are among the bilingual graduates of Harvard-kids.

It is important for young children to develop the social and cognitive skills necessary for academic success. We believe they can and should achieve excellence in language and literacy, develop a motivated, reflective, inquisitive mind and acquire skills for approaching other subjects such as science and logical/mathematical reasoning.

We facilitate this process using a curriculum based on the theory of multiple intelligences (Dr. Howard Gardner, Harvard University Graduate School of Education). We want each child to develop a healthy emotional life, acquire personal and social skills of many kinds, and become wise users of technology. It is our overarching goal to instill an approach to life as an opportunity to learn, and to show children how to become confident and efficient learners.

幼年期というのは、幸福で実り多い大人への基礎となるべく、暖かくて情愛深い思い出を子どもが作る時期です。私たちの教育方針は、それぞれのお子様が笑いと豊かな体験で満たされる幸福な日を与え、周りにいる他の子供や大人達との素晴らしい関係を築き上げる機会をお子様に提供することだと考えています。これらのものが組み合わさって価値ある幼年期を創り上げられると私たちは理解しています。
子供には出生時から一言語以上の言葉を学ぶ生まれながらの能力があると私たちは理解しているので、毎日授業時間には、「英語のイマージョン(浸透)」を通して英語教育に携わっています。要するに、すべてのことを英語で行なうわけです。私たちのプログラムはもともと、日本人のこどものために計画されていますが、HKインターナショナルの卒園生には、英語はもちろん中国語や韓国語をネイティブとするバイリンガルなお子様もいます。
お子様のこの幼少の時期に、学術的な成功には必要とされる社会的技能、認識的技能を発達させることは重要な事です。子どもたちが、言語と読み書き能力における優秀さを身につけ、意欲に満ちて思慮深く探求的な心を育み、言語の他にも、科学や論理的/数学的推論などの他の科目に取り組む技能を習得することに務めるべきだと、私たちは信じています。
そこで多重知能理論(theory of multiple intelligences)(ハワード・ガードナー博士、ハーバード大教育学部大学院)に基づくカリキュラムを使って促進していくのです。それぞれのお子様が、健康で情緒深い人生を発展させ、様々な分野で個人的で社会的な技能を自分のものにし、テクノロジー(科学技術)の賢明な使い手になっていただきたいと願っています。私たちは、これらのすべてのものがアカデミック(学術的)学力達成のためには不可欠の準備であると信じています。学ぶ機会として人生への取り組み方を徐々に浸透させ教えていくこと、そして子どもたちに自信があって有能な学習者になるその方法を示していくことが、私たちの最重要目標なのです。

Kathryn Marin Burch(キャサリン・マリン・バーチ)プロフィール

英語アカデミー校長、 出身地:アメリカ合衆国イリノイ州
学歴:ハーバード大学教育学部大学院「心・頭脳・教育プログラム」専攻卒業、教育学修士。
経歴:東京にて(財)英語教育協議会(ELEC)専任講師、日本輸出入銀行、日本興行銀行、旭化成(株)各本店にて英会話指導、明治大学文学部非常勤講師、
昭和52年から松山にて英語アカデミー校長、元松山大学人文学部、愛媛大学教養学部非常勤講師。
活動:東京、高松、松山における日本での生活年数は約30年以上になる。松山市を中心に愛媛県内各地において、行政官庁の主催する「国際化」「社会教育」「婦人」等に関するシンポジウム、フォーラム、講演会、高齢者大学、生涯教育、PTA等の講師として数多く参加し、地元企業等の英会話指導などあらゆる分野で活躍している。愛媛新聞社より「ねころんでEnglish」書籍出版、愛媛新聞に約4年にわたり毎週「ビジネス英会話」「英語の間違い」「歳時記からの英語」を連載、現在も「RIQ(リック)」に執筆担当。その他、日本語学教師学会松山支部会長、国際ソロプチミスト松山会員、松山東高等学校PTA役員、県教育委員会「地域教育力・体験活動推進協議会」委員、「四国フォーラム」委員、県警察本部「市民諮問委員会」委員、県教育委員会「スポーツ立県推進プラン検討委員会」委員、県国際交流課「国際化委員会」委員などを歴任。また英語アカデミーでは、校長として外国人教師の教授法指導や細やかな英語教育のシステム化を図るなど、日米国際交流のために多大の貢献をしている。

(*入学をお考えの皆様へ)

ホームへ   このページトップへ

 

 

Copyright(C)2006-2007 HK International All Rights Reserved