英語の保育・幼児教育のインターナショナル・プリスクール ハーバードキッズ・アカデミー

     
   

春スクールを開講します 2017年3月1日    詳しくはこちらから

今年、321日(火)〜24日(金)までの4日間「春スクール」を開講します。「英語だけの世界」で毎日4時間一緒に生活して遊んでネイティブ先生たちと過ごしてみませんか? 今回は新年少〜年長さんを対象としていますが、少し英語に触れたことのあるお子様も外部から募集しています。現在2クラスは一杯ですので、あと1クラスに若干の余裕がありますので、ぜひ一度お問い合わせください。


英語は小学3年から、56年生で教科化(文部科学省が公表) 2017年2月14日(TV愛媛取材)

文部科学省は、小中学校の次期学習指導要領の改定案を公表。小学校では外国語活動を34年から始め、56年生で教科化すると言う。テレビ愛媛では早速ニュース番組で取り上げ、英語アカデミーの小学校のクラスを取材。Preschoolで英語を学び小学校でも継続している「サタデースクール」水曜クラスと、小学校から英語を学び始めて3年目となる「インターナショナルBクラス」を1時間以上にわたって取材。小学生たちが生き生きと目を輝かして英語だけで楽しく勉強している姿に感動している様子でした。(ちなみに取材された記者も小学生の時、アカデミーで勉強されたとか)

 

  The answer is …  10歳頃までは耳からの記憶が  Look at the whiteboard! よ〜く聞いてよ!

バレンタインデー 2017年2月14日

ハートの形描けるかな?(Rabbit & Tigger) 大きな白い画用紙に、大きくハートを描きました。何回も消しては書き直して、自分が納得のいくハートの形を追求し、またそのハートを好きな色で塗り、レインボーカラーにしたり、可愛い色を使いながらも一部だけかっこいい色にしたりして、みんな考えながら色塗りを楽しんでいました。

バレンタインのお手紙 バレンタインボックスを作りました。ハートの形に紙を切って貼り付けたり、カラフルな色で絵を描いたり、キラキラジェルで文字を描いたりして箱を作り上げました。またバレンタインのお手紙を書いて、渡したいお友達の箱にそれを入れました。バレンタインデーの日にその箱を開けて、みんな友達からのカードに大喜びでした。

ハートのスタンピング トイレットペーパーの芯を折り曲げてハートの形を作り、テープでしっかりと形を固定して、好きな色の絵の具を使ってスタンピングを楽しみました。ピンクや赤色を多くの子供たちが選びながらも青色や緑色を差し色として使ったり、少し色を混ぜたりして楽しんでいる子もいました。とても素敵な作品となりました。

 

 Valentines Dayとはね ハート型になってるかな    これは面白いね  Well done !(よく出来ました)

美術 2017年2月6日

Owl(年長)クラスの卒園製作として中岡先生の指導のもと、油絵を描きました。Rabbit(年中)クラスの子供たちは油絵は初めてでしたが、両クラスとも積極的に活動し、個性豊かな楽しい作品が出来上がりました。12色の原色をそのまま使ったあざやかな作品もありましたが、混色することに興味を持って実験的に色々な色を作り出している子もいます。油絵の具の粘り気を泥んこ遊びの延長として絵の具の感触を楽しんでいる子も多く、抵抗なく画面に働きかけている子が多かったです。水彩絵の具とは違った表現を味わってくれたようで喜んでいます。最後に紙パレットを2つ折りにしてデカルコマニー(合わせ絵)をしました。思いがけない不思議な作品ができています。

 

こちらがいいかな? たいぶ出来上がったよ  これは面白いな  調子に乗ってきたよ

節分パーティ 2017年2月3日

節分の日、HKでも節分の文化に触れながら楽しみました。まずはRalph先生から節分についてのお話があり、みんな興味津々でお話を聞いていました。次にNat先生とCaleb先生に自分の歳を元気よく言って、歳の数だけ大豆を食べました。次にグループに分かれ、口の開いた赤鬼、青鬼、黄鬼の絵に向かい、豆をたくさん投げました。“Out with the bad, in with the good!(鬼は外、福は内)と大きな声で鬼に立ち向かう子供たち、とても勇敢でした。邪気を追い払い、福豆を食べたので、みんな強く元気に育ってくれることを願っています。そして皆様にたくさんの福が訪れますように・・・。

 

 怖いでしょう?   さあ豆をもらってね  準備はいいかな  それそれ、鬼退治です

卒園記念に砥部焼へ  2017130

今年卒園するOwlクラス園児は、その記念品を作成しに砥部焼きへ。今年は3色を使用することになり、また綺麗な縁線を描くために回る台も使いました。園児たちはとても楽しく作業に取り組み、普段見られない素晴らしい芸術的才能を見せてくれました。その後、陶器工場を見せていただき、いろいろと勉強をしました。陶器が材料の粘土からどのような過程を経て仕上げられるかを見て驚いたり納得したり。とても興味深い砥部焼体験となりましたね。(ナット先生)

 

 どう?うまく描けた  ろくろは難しそうだね   釉を塗りま〜す   釜に入れるよ

書き初め(美術)  2017116

「墨で遊ぼう」のテーマで、古新聞紙全紙を半分に切った縦長い用紙で思い切り墨汁と筆を使って遊びました。筆を出来るだけ立てて使い、線の強弱や色々な線の表情を表すように実験しながら遊びました。立って描きましたが、子供たちはほとんど抵抗がないらしく、画面いっぱいにどんどん描き進みました。最後に画仙紙3枚を使ってお清書しました。最後の清書では、名前を英語で描きましたが画面構成もしっかりしていて見事でした。以前にお子さんの気に入った作品を表装して飾ったご父兄もいらっしゃったそうですが、そのぐらいの値打ちはありましたね。

 

  この調子ですね さあ、うまくいくかな  出来ました  自分の名前を書いてみました

こどもスピーチコンテスト(暗唱)  20161211     動画はこちら

県下の小学生を対象にオープン参加の「こども英語スピーチコンテスト(暗唱)」も25年目を迎え、18名が挑戦。5名の外国人先生たちにより、暗記力、発音、抑揚、表現力、発表態度の観点から審査。その素晴らしい発表、堂々とした態度に審査員一同感動です。今年も特に上位では大変な接戦でした。多くの人前でそれも英語で文章を暗記して発表すること自体が貴重な経験です。来年も多くのみなさんの参加を期待しています。
第一位小野下朝日(小3年)、第二位高橋美夏(小2年)、第三位正岡虎太郎(小2年)、稲住颯人(小4年)
優良賞宇都宮慧(小5年)、穐岡比菜(小4年)、石川いろは(小2年)

 

  みなさん、おめでとう!  第2位高橋さん       第1位小野下さん   第3位正岡くんと稲住くん

素敵なクリスマス•パーティ  2016124      動画はこちら

恒例の松山全日空ホテルでの幼児対象「Christmas Party」。最初に全員で“When You Wish Upon a Star”を楽器演奏。ピアノ、ベル、トライアングルの美しい音色が会場に響き渡り、何とも言えぬ神秘的な空気に包まれました。次にTiggerPigletRoo(年少、最年少)による“Three Christmas Tree”と“Twinkle Twinkle Little Star”の歌唱。とてもかわいかったです。それからOwlRabbit(年長、年中)による「Frosty the Snowman」劇の発表。短い練習期間だったにも関わらず、完璧に憶え、堂々と大きな声で発表できたことに驚かされました。舞台裏では他の子の準備などを手伝う優しさもみられ、本当に成長を感じました。Good job! 発表後、おいしいケーキをいただいている中、サンタクロースの登場。かわいいプレゼントを貰い、子供たちは大喜びの様子でした。来年もみんなのところにきっとサンタさんはやってくるはず。

 

 小さい組さんの歌の披露 大きい組さんの劇「Frosty the Snowman サンタさんが来ましたよ  テーブル毎に、「はいチーズ」

楽しかったハロウィン•パーティ  20161030     動画はこちら

今年もまず“Costume Judging(仮装審査)”が行われ、妖精やプリンセス、黒猫などのかわいい衣装、映画のキャラクターや忍者などのかっこいい衣装、それぞれ仮装に合わせて一人ひとり賞を貰いました。その後、2階でNat先生による「Ghost Bowling」とMathew先生による「Chasm Race(踏める場所を確保しながら向こう岸まで渡る)」、3階ではCaleb先生による「Spider Nest Egg Hunt」とDavid先生による「Spider Maze(蜘蛛の巣の迷路でゴールをめざす)」などのゲームを楽しみました。最後に “Trick and treat.ごちそうをくれないといたずらするよ”といってお菓子をもらい、皆さん大満足。

 

 衣装は何賞をもらえるのかな  みんな上手に仮装 これから何が始まるのかな 蜘蛛の糸の下を進むよ

さつまいも掘り  20161019 

高く澄んだ青空の下、サツマイモ掘りへ伊予市の篠崎様宅のサツマイモ畑へ。先生から注意事項を聞いた後、まずは男性の先生や運転手さんクワでサツマイモを掘りやすいようにしてくれました。Nat先生が“Lets get sweet potatoes and put them in the basket. (さあ、サツマイモを取ってかごに入れましょう。) と言うとみんな一斉に取り掛かります。みんな嬉しそうに自分がとったサツマイモを見せに来てくれました。初めてのサツマイモ掘りとなった子供たちも一生懸命探していましたね。今年は降水量が少なかったせいで、たくさんサツマイモを取ることは出来ませんでしたが、大きなサツマイモが取れたことに子供たちは大満足。ランチの後は虫や花を探して楽しみました。子供たちの表情はとても生き生きしていて、普段の生活では体験できない経験が出来て本当に良かったですね。

 

 大きいでしょ  気持ちいいね、自然の中で  3箱も獲れました     しっかり探してね
 

 篠崎様宅で 見つけたわよ! 3つもついているのよ   さあ、収穫だ!

乗馬を体験  2016103  (年長Owlクラスのみ)       動画はこちら

雨が少し降り心配した朝でしたが、出発する頃には雨も止み、持って行ったリンゴとミカンをあげました。馬は音に敏感なので大きな音をたてないこと、後ろに回ると蹴られるので後ろには行かないことをナット先生と約束。馬の口が大きすぎて、ほとんどの園児は手にエサを手にしたものの怖がってエサをあげることはできませんでしたが…。1人ずつインストラクターの方と一緒に乗りましたが、間近で見る馬の大きさと背の高さにみんな驚いていました。中には、可愛いと言って馬の鼻息を感じながら馬を撫でる子もいましたね。馬と触れ合い、乗ることでスポーツのひとつである乗馬の楽しさを感じ取ってもらえたと思います。

 

 かっこいいでしょ?  楽しかったです     高〜いなあ  ありがとうございました

消防署を訪問しました  2016926         動画はこちら

松山中央消防署へ見学に行きました。最初にマリオとルイーズが消防士として色々教えてくれる防災に関するアニメを子供たちは一生懸命聞いていました。そしてスモークハウスを経験。本当の煙はとても苦しく、煙を吸って大事に至るというケースもあるそうですが、パニックにならず、手を口に当ててかがみながら出口を探す事が大事であることを学びました。また消火体験をし、消防士になった気分になりました。最後は様々な種類の消防車を消防士の方々の説明を聞きながら見学。触ったり乗車したりもさせてもらい、素晴らしい経験となりました。

 

 消防車の前で         さあ、消すよ! すごい機械類があるね    消防車へ乗ったよ

交番のお仕事  201697         動画はこちら

Tigger (年少)Piglet (最年少) の子供たちで、一番町交番を訪れました。3人の警察官が温かく迎えて下さり、沢山のことを優しく教えて下さいました。“handcuffs (手錠)”“nightstick/baton (警棒)”“transceiver (無線)”“shield ()”“badge (バッジ)”など警察官の持ち物も沢山見せて下さり使い方なども詳しく教えて下さいました。また帽子を被らせてもらったり、ヘルメットの硬さを触って確かめたり、少し緊張しながらも楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 交番の前で よろしくお願いします 何て書いてるのかな?  ほら、カメラを見て

職場訪問(イタリアン・レストラン)  2016914日   動画はこちら

Owl (年長)クラスのHanayuiちゃんのご両親が経営されているイタリアンレストランを訪問しました。粉をこねて丸い形にして8種類のチーズを載せたピザは、特別なオーブンで約350度の温度で2分という短い時間で焼き上げることに驚きました。お客様と同じようにテーブルに座り、お皿と飲み物を用意してもらって焼きたてのピザをいただきました。ピザのほかにどんなお料理があるのかを質問したり、キッチンの中を見せてもらったり、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。(松山市藤原町ティアカーノ)

 

レストランへようこそ!    美味しく食べていますか?  僕はこれが大好き! おかわりもね

楽しく勉強になりました「サマースクール(後半)」 201688日〜826日(3期、4期)

【幼児】第3期のテーマは “bugs and blooms(昆虫と花)”
色々な種類の昆虫を画像で見ながら、足や羽などを数えたり意見を言い合います。その後小さい園児たちは可愛い蜂とお花作り。薄い紙を小さく千切り下地の厚紙にノリで貼り、ハサミを使って形を作ります。色を変えながら貼っていったのでとても綺麗な作品になりました。一方大きい園児たちは“ladybug (テントウムシ) butterfly (蝶々)”“dragonfly (トンボ)”を、用紙の半面だけにたくさんの色をのせ、二つ折りにして“symmetry(左右対称)”の模様を作りました。ライティングも一生懸命頑張って書いていましたね。三日目は、愛媛大学に昆虫展へ。大きなアンモナイトの“fossil (化石)”や自然に綺麗に削られた水晶などが出迎えてくれました。昆虫ブースでは、たくさんの種類の昆虫を見ることが出来ました。同じ種類の昆虫でも国によって色や形が全く違っており、みんなが大好きなカブトムシの標本の前では Is it really a beetle?(これは本当にカブトムシなの?) と尋ねる園児もいましたね。また蝶々の羽や小さな虫を“microscope (顕微鏡)”で見たり数種類のカブトムシを触ったりもしました。翌日は大きい園児たちは城山パークへ行き、“butterfly (蝶々)”“cicada ()”“cicada shell (蝉の抜け殻)”“dragonfly (トンボ)”を捕まえました。昆虫にも慣れ、みんな手で蝉を捕まえられるようになっていました。虫かごは蝉でいっぱいになり大満足。

【幼児】の第4期のテーマは “the Olympic Games(オリンピック)” 
メダルの話をしながら今年のオリンピックを振り返り、地図を使いながら開催場所の確認。紀元前から始まったオリンピックの起源なども学習。紙粘土を丸め、ローラーで平らに広げ、メダル形に型を取り、番号をつけ乾かし、色を塗ってメダル作りにも挑戦。さらに聖火について、どこからどのように運ばれてくるのかなどを学んだ後、開会の瞬間である聖火点灯を映像で見て、トーチ作りを。銀色の紙をロール状に巻き、赤、黄、オレンジの紙を炎の形に切り周りに貼って完成。さらには全員がオリンピック選手になりきってみました。開会式から、聖火ランナーになってトーチを手に聖火点灯。それぞれの国の国旗を手にして選手になりきっての行進。最初の競技は少し重いボールで砲丸投げ。四日目は、日本が団体で金メダルを取った“gymnastics体操”競技をCNNの映像を見ながらしっかりと学習も出来ましたね。たくさんの競技を学びました。ボクシングやボート、アーチェリーなどもオリンピック競技であることに驚く子供たちもいました。

3期 Bugs and Blooms(昆虫と花)

 

愛大の昆虫展  たくさんな昆虫だね 可愛い昆虫になりました 城山公園で昆虫採り

4期 The Olympic Games(オリンピック)

 

 

My Shoesが出来ました 国旗の準備はOK?   Tubeの上を走るんだ  聖火に点火!

楽しかったね、4週にわたる「サマースクール(前半)」 2016725日〜85日(12期)

今年度もほぼ定員一杯となり皆様のご参加ありがとうございました。

【幼児】の第1期のテーマは “under the sea(海の中)。クラゲ、クジラ、サメ、カニ、亀などをカラフルに塗って、上手にハサミで切り取り、教室全体に飾って幻想的な海の世界を作成。クレヨンの油分が水彩絵の具をはじく性質を活かして、白いクレヨンで水玉を描き、その上から黒色の絵の具を塗ってとてもかっこいい“Whales Shark (ジンベエザメ)”を作り上げました。さらに深海魚について学び、色画用紙で“anglerfish (アンコー)”を、小さい園児のクラスではstarfish(ヒトデ)を作りました。 octopus (タコ)”、“jellyfish (クラゲ)”、“seahorse (タツノオトシゴ)”や“crab (カニ)”などの魚を作り、「魚釣りゲーム」も楽しくしました。また「水族館の一コマ」作りを始め、箱に輝く波の様子を青と白と緑の絵の具で表現し、本物の砂や貝殻を付けて、周りには海の生き物を貼り付けていきます。小さい園児は、緑色の毛糸をほぐし海藻にみたてたり、ピンクの毛糸で持つ所を作ったりして、可愛い「自分だけの水族館」作りをしました。

2期のテーマは “in the sky (空で)。初日はヘリコプターについて学んだ後、紙のヘリコプター作りを。まずは好きな色で彩色した後、切り取り、点線にそって折り目をつけ完成。上から下に落とすと、綺麗に回転しながら着地。着地地点を決めたりしてみんなで楽しく遊んだりもしました。さらにジェット機やプロペラ機など色々な飛行機の絵を見て、“kite ()”作りを楽しみました。凧糸を巻き付けるハンドルを作り、凧に“symmetry (左右対称)”の模様を描いたり、好きな模様で飾ったり、長い尾を付けたりして完成。またヘリコプターや飛行機のエンジンについてお話をした後、可愛い“hot-air balloon (気球)”を作りました。ハートや動物など好きな絵を5枚の画用紙に描き、半分にきれいに折って5枚を繋げていき、素敵な気球となりました。最後の日には手製の凧を使って凧揚げ大会をしました。とても楽しく、思い出深いサマースクールになりました。

1期 Under the Sea(海の中)

 

僕の水族館だよ  教室は海の中みたいだね        バタ足で波作り Playhouseからヤッホー

2期 In the Sky(空で)

 

 

凧揚げ準備完了、さあ城山公園へ くるくる回る紙ヘリコプター 見て!泳げるんだよ   あひるの人形を数えてね

暑い時はプール遊び  2016712

7月に入り暑くなってきて、やっと屋上でプール開きとなりました。OwlRabbitの大きい園児たちはバタ足の練習をしたり、ゲームをしたり、友達と競争したり、上手な泳ぎを披露したりして楽しんでいます。TiggerPigletの小さい園児たちは水しぶきを作ったり、アヒルの人形を浮かべたり集めたり数えたりして楽しんでいます。笑顔の絶えない時間となっています。  

 

水をかけるよ〜  私のboatは浮くかしら 水の中のゲームも楽しいね あひるの人形を数えてね

Summer School(夏スクール)のご案内 (2016714日)  

2016年度HKインターナショナル(幼児部)のサマースクールの募集要項が出来ました。在園生も他の幼稚園へ通っている園児さんも、ぜひお越し下さい。4~5日間連続で英語だけの世界に「浸る」体験をしてみましょう。何かを新しく獲得できる夏休みにしたいものですね。外部の園児さんも大歓迎です。ぜひご参加ください。

「幼児対象 サマースクールのご案内」(pdf) 
 

「小学生対象 サマースクールのご案内」(pdf) 

 


大人気のとべ動物園  2016612 (動画はこちら

砥部動物園へ遠足。動物の足跡のマークを辿りながら入り口へ。まずはペンギンの泳ぎを見学。ここから大きい組さんは「仲良し教室」(モルモットとウサギとのスキンシップ体験)へ、小さい組さんは白熊のピースのところへ向かいました。小動物との体験では、 “soft (やわらかい)”、“fluffy (フワフワした)”、“cute (かわいい)”などの言葉で触った感覚を表現していました。一方ピースのところへ向かった子供たちは、ピースの勢いよく泳いでいる姿に大喜び。長い首のキリンや威勢よく歩くプーマやトラなど、今年は活発に動いている多くの動物を近い距離で見ることが出来ました。ワニのコーナーではNat先生がアリゲータとクロコダイルの違いを話してくれ、ただ動物を見て楽しむのではなくて、学習の要素を取り入れた大きい組さんならではの動物園でした。とても暑い一日でしたが、素敵な一日となりました。

 

ペンギンの前で全員集合 行儀の良い「おさるさん」ね    柔らかいですね、そーと触って 「とら」は「ガァオー!」

たくさん採れたね「じゃがいも掘り」 201661日 (動画はこちら

待ちわびた「じゃがいも掘り」。伊予市へ到着後、色々な種類の虫や草花を発見しながら畑へ向かい、畑では男の先生たちがジャガイモを掘りやすいようにクワで土を柔らかくします。先生が“Let’s dig up potatoes and put them up in the basket.”(さあ、ジャガイモを掘って、かごに入れましょう。)と声を掛けると、みんな一生懸命ジャガイモを掘り始めました。掘ったジャガイモの数や大きさを嬉しそうに先生に報告しに来てくれる子もいます。初めて経験した子供たちも必死になってジャガイモを探していましたね。あっという間にあふれんばかりのジャガイモが。昼食後は、虫を取ったり、咲いているお花を頂いたりと笑顔一杯で楽しい時間を過ごしました。年に2回温かい心で迎えて下さる篠崎様、中井様へ感謝。本当にありがとうございました。

 

5箱も採れました  ここにたくさんあるわ 採れた人、手を上げて! たくさん採ったわね

よく頑張ったね運動会!  2016522   (動画はこちらから)

春の「運動会」を三越屋上で開催。新年度になったばかりで、練習も出来ていませんが、みんなそれぞれに一生懸命の手作りの運動会となりました。入場行進の後は、二つのダンス。ダンスの時間に練習してきたRyoko先生振り付けの「It’s a small world」、大変よく身体が動いていましたね。RooPiglet2歳児と最年少)はお母さんと一緒に「魚つり」。Sunflower relayではTigger(年中)が奮闘。またTic Tac Toeレースでは年中、年長さんが3枚のカードを早く並べる競技。早さと頭を使うゲームでした。続く「綱引」では、紅白の園児、園児全員と教師スタッフ、ご家族の皆さんと教師スタッフの勝負。若いお父さんの力には今年もスタッフはかないませんでした。全員参加の玉入れは本当に僅差。そして最後は「かけっこ」。Tigger+Pigletは一直線レース。RabbtOwlの年中、年長さんの一周レースは見応えがありました。閉会式では、全員マリン校長から大きなメダルをもらって思わずにっこり。本当に最後まで諦めずに頑張る姿は素晴らしかったと思います

 

 よく揃いましたね Sunflowerレース  紅白に分かれて「綱引」  2歳、最年少児は「魚つり」
 

よく揃いましたね全員園児とスタッフで「Hi!  紅白チームの玉入れ 家族の皆さんも入ってね!  早く走って頭も使うTic Tac Toe

お医者さんごっこ!  2015427 

4月の学習テーマに基づき、年長・年中さんは「お医者さんごっこ」をしました。Nat先生手作りの工作キットで、“doctor(お医者さん)”診察メガネと“nurse(看護婦)”の帽子を作り、本物そっくりの仕上がりに子供たちは大喜びでした。ランチタイムを挟んで、午後からdoctorごっこがスタート。お医者さん、看護婦さん、“patient(患者さん)”、それぞれ希望の役を選びました。doctornurse役はペアを作り、patient役の子供たちは「headache(頭痛))や「stomachache(腹痛)」などのカードをNat先生から受け取り診察室へ。おもちゃを使って注射をしたり、お薬には園庭で収穫したグリーンピースを使ってみたりしました。演技する子供たちも、順番を待つ子供たちも興味津々で、笑いの耐えない一日となりました。

 

 これを飲んでください  先生の言うことをよく聞いて   みんな真剣です   僕は頭が痛いのです

格調ある萬翠荘で「入園式」  201648日    (動画はこちらから)

国の重要文化財に指定されている歴史ある「萬翠荘」で、満開の桜が舞い、鶯のさえずりも聞こえる中、今年の「入学式・始業式」が、新しいお友だちも迎えて開催されました。久しぶりに会ったお友達、初めてのお友だち、お母さんに抱かれて少し涙ぐんだお子様も含めて、リラックスした雰囲気の中で行われました。まず先生たちの紹介。続いて各クラス毎に一人一人の紹介。さらに即興ですが、歌を34曲披露してくれました。最後に全員で庭に出て記念写真を撮って終了。新しい環境に早く慣れましょうね。

 

全員集合です   Owlクラスの紹介です   ジェスチャーも忘れずに  たくさんのご家族も出席

 卒 園 式         2016年3月19日 (動画はこちらから)

今年も全日空ホテルにて「2016年度卒園式ならびに修了式」が開催されました。まず全員で「エーデルワイス」をハンドベルで演奏。指揮者も演奏者もみんな堂々としっかり演奏できましたね。とても素敵な音色が会場に響き渡り、PigletRooクラスの園児たちによるお花もとても可愛く、和やかなムードを作ってくれました。続いてOwl園児たちによる、“Nursery Rhyme(ナーサリーライム)”の発表。Rabbitクラス園児が発表内容に合わせたパフォーマンスが出来るように得意な記憶力で堂々たる発表をしてくれました。その後RooPigletTiggerRabbitクラスの順に一人ずつ修了証書を受け取りました。そして卒園生Owlクラスの7人の卒園証書授与へ。7人はアメリカ流幼稚園ならではの赤いガウン着て、いつも以上に立派に見えました。“tassel()”はとても重要です。校長先生に名前を呼ばれ卒園証書を受け取り、右側から左側に“tassel()”を移動させます。左側に移動させて、初めて「卒業」したことになるのです。とても感動的でした。Owlのみなさん、ご卒園おめでとうございます。小学校へ行っても英語を継続して国際人としてさらに大きく飛躍してください。

 

ガウンが決まっていますね お子様の成長に涙する家族も 器楽演奏+可愛いお花さん 全員、おめでとうございます

HKに本物の鬼がやってきた?! 201623

23日は節分なので、園でも邪気を追い払うために“Bean Throwing(豆まき)”をすることにし、まずは歳の数だけみんな豆を食べました。小さい子も“How old are you?” (いくつですか?) の質問にきちんと答えることができましたね。事前に作っておいた鬼のマスクをかぶり、豆をつかみ鬼が描かれたボードに“Out with the Bad(鬼は外)”と言いながら投げつけました。何回も投げていると突然本物の鬼が教室に現れ、びっくり!みんな怖がることなく勇敢に鬼にたくさん豆を投げるつけることが出来ました。鬼を倒した後は“in with the Good(福は内)”という言葉も付け加えながら豆まきを存分に楽しみました。

 

 小さくて可愛い鬼さん   鬼は外!勇気を出して! 歳の数だけ食べるよ Baby Rooの子供も「Out with Bad

黄金のファラオと大ピラッミッド展  2016127日 

「世界七不思議」の中でも、第1番の不思議として知られ、およそ4500年前に建造された人々を魅了するピラミッド。美術館に行く前に教室の壁にかけてある大きな地図でエジプトはどこにあるのか確認したり、象形文字を復習して自分の名前を書いたり、園で、ピラミッドについてのお話を聞いたり勉強をしてから全員で出発しました。当時の生活の様子の模型や戦いに使った武器、女性が身に着けていたネックレスやブレスレット、いろいろな模様が描かれた棺などを見た後、ビデオでピラミッドの壮大な大きさを知って子供たちは感動していました。

生命大躍進
 年長、年中(owl, Rabbit)のみ
40億年にわたる生命の歴史を学びに、愛媛美術館を訪問。色々な形をした奇妙な生物たちが化石とともに展示されており、その不思議な形にみんな心をつかまれたようでした。植物のDNAが動物に移ったことで動物が目を持つことができたという仮説や脊椎動物が水辺から決別し陸上で生まれ生活するようになったことなど、思いがけないDNAの大異変という難しい内容にも興味を示す子が多くみられました。また恐竜の骨やアンモナイトなどにも触れることができたり、大きなウミサソリの模型などが展示されていたりと、とても楽しかったようです。子供たちが一番盛り上がった場所は恐竜が展示されている場所で、恐竜が絶滅した理由にも興味を持ったようでした。またホモ・サピエンスのセクションでもたくさんの形の頭蓋骨が展示されており、真剣に見学していました。

 

美術館でハイチーズ ウワー変わった生物(アノマロカリス) これはダンクルオステウス  たくさんの化石があるね

のびのびと書き初め  2016119

日本の伝統の和紙や墨を使って思いっきり遊びました。たくさん新聞紙を持ってきて頂いたので、子供たちは思う存分遊ぶことができました。新しい素材に対する抵抗も薄れ、のびのびと活動する姿が見られました。お清書の大きな半紙になっても、迷うことなく臆することなく、どんどんとイメージを広げ描くことが出来ました。お願いしていた毛布が6枚集まり、子供たちは快適に活動でき有難かったです。ご協力感謝します。その他にも、中岡先生のアートの時間には、牛乳パックや傘カバーなどを使って、飛び出すびっくりおもちゃを作成したり、買い物袋などを利用して楽しいクリスマスブーツを作ったりもしました。

 

数字が大好きなんだ  立ってダイナミックに書こう  いい線していますよ!  大きく大きく描きましょう

24回こども英語コンテスト(暗唱)開催される  20151213日 (動画はこちら

1213日、県下の小学生を対象として「スピーチ・コンテスト」が伊予鉄会館で行われました。今回は19名が最終審査に臨みました。小学生低学年と高学年がそれぞれの課題文を英語で暗唱します。暗記力、表現力、発音抑揚などが構成点となっています。100名以上の家族や小学生の前で皆さん堂々と発表しました。とてもドキドキしますが、この体験は他では習得出来ない貴重な経験となります。5名のネイティブ・スピーカーが慎重に採点をした結果、一位に客野さん(4年)、二位に正岡くん(1年)、三位に原田くん(3年)、大西くん(1年)が入賞。特別賞に沖(2年)、眞鍋(5年)、田中(4年)の皆さんが選ばれました。客野さんは4回目の挑戦で栄冠を手にしました。継続して参加することも大切ですね。

 

 聴衆もたくさんいます 演技もつけて発表   出場者の皆さん アカデミーこどもXmas Party

サンタさんが来たよ!  2015126  (動画はこちら

126日、恒例の「幼児Xmas Party」を松山全日空ホテル「エメラルドの間」で開催。ちょっとおめかしして、例年以上の皆様に参加していただきました。まずは、全員で「Jingle Bells」の楽器演奏。年長年中の大きな園児と、年少最年少の小さな園児にはそれぞれ指揮者がいて、音楽担当のTomoko先生が指導した曲を上手に演奏できました。続く歌と踊りでは「I Want a Hippopotamus For Christmas」をAmy先生の振り付けでこれも楽しく歌い踊れました。最後は、Nat先生監督の年中年長(Rabbit, Owl)さんの劇「The Story of Christmas」。サンタさんやelves、そして9頭のトナカイ(reindeers)が出演し、場内を世界に見立てて回りました。クリスマスの雰囲気がでましたね。ケーキや飲み物を頂いていると、突然Santa Clausの入場です。各テーブルを回ってみんなにプレゼントを。初めてのお子様は本当にびっくりしていました。楽しいクリスマス・パーティになりました。

 

小さい組さんの歌と踊り 家族でサンタさんと記念写真